こんな人が建築を学ぶのに向いている

f:id:visionarytt:20180906173257p:image

こんにちは!

今日はこんな人が通信制建築学科に向いている

という記事を書きたいと思います。

 

わたしも愛知産業大に入学し、まもなく1年になりますが、

周りの人などと関わることでこんな人が通信制建築学科に向いているんじゃないかなと思いました。

 

ずばり、普段から建築に近しい業務を行っている人です。

例えば

 ・機械設計

 ・消防士

 ・不動産業

 ・インテリアデザイナー

 ・測量/土木

 ・建築本の出版編集

などなど建築と遠からずな職業を行っている方が

生き生きと学生生活を送れている印象を受けます。

 

なぜ建築に近しい業務を行っている人が通信にメリットが

あるのか。それはすでに建物や構造物にまつわる知識をある程度もしくは

一部を知っているからです。

 

私も、前職が地図に関する業務を担っていたため、

知識が全くのゼロの状態ではなかったのがアドバンテージになりました。

私の場合は都市計画法を知っていたことがトリガーとなって他の建築における

知識の習得も効率よく行うことができたと思います。

 

以上から、基本的には放置プレイの通信建築でもこれまでの知見を教科に反映することで、

一定の成績をとることができます。

私は地図に関する職業に従事していたため、

都市計画法と関係深い建築法規は思いのほかサクサクと課題もこなせました。

これが専門学校になると1からいろはを教えられるため、

すでに知識のある範囲になると時間の無駄になってしまいます。

 

裏を返せば、

普段から建築とは全くかかわらない業務を行っている人は専門学校のほうが

懇切丁寧にサポートしてもらえるかと思います。

通信制建築は自分の知っている範囲が少しでもないととっかかりがなく

非常に苦労すると思います。

 

このブログでは何度も言っていますが、通信教育に関しては、

先生や講師、事務方を使ってなんぼの世界です。

つまり能動的な方が通信建築にあっています。

 

通信制建築大学ってどんなのがあるの? 

どんな通信系大学が自分には向いているのか

お悩みの方は、以前私が比較した記事もありますので、

ご参考までにどうぞ!

 

通信制大学は専門学校と比べ、二級建築士試験や一級建築士試験に関するアドバンテージがありますので、ぜひ一度読んでいただけると幸いです。

www.zoushigaya.tokyo


少しでも通信建築のことを知っていただけると

わたしもこのブログをしている甲斐があります。